医者の月給が8000円のキューバで大学に行くモチベーション

f:id:jishu_room:20210822151359j:plain

 


社会主義の国として有名なキューバ。

 

国家予算の4分の1は医療と教育に充てられており、国民は医療も教育も完全に無料で受けることができます。

 

なんと大学までタダだとか。

 

ちなみに教育費が無料の国は意外と多く、フィンランド、オランダ、スイス、ベルギー、デンマーク、ノルウェーも無料です。

 

その中でもキューバの学生の待遇は群を抜いていて、本や文房具まで無料とのこと。

 

国公立大学の学費がずっと上昇傾向にあり、奨学金(という名の学生ローン)を返済できずに自己破産する人も増えている日本からすると、なんともうらやましい限りですね。

 

 

そんなキューバですが、人々の所得はとても低いです。

 

平均的な月収は3000円で、日本では高給取りの医者でさえキューバでは月収8000円です。

 

大学を卒業してもその程度の低い収入であるため、最近のキューバでは大学に行きたがらない若者が増えているそう。

 

しかし、キューバの徴兵制のシステムが辛うじて大学進学のモチベーションになっています。

 

大学に通わない人は2年間徴兵される一方で、大学に通う人はその半分の1年間で済むからです。

 

日本では大学進学のモチベーションの半分はモラトリアムの獲得とも言えますが、キューバでも自由な時間を増やすことが大学進学のモチベーションになっているようです。