炎上系YouTuberに僕たちはどう向き合えばいいのか

 

 

 

 

ネットニュースを見ていると、誰かしらYouTuberが炎上しているのが当たり前になりつつあります。

 

今日見つけたのは、昆虫系YouTuberが露天風呂にカマキリを入れて寄生虫を出させるという内容の動画の炎上でした。

 

www.j-cast.com

 

もはやYouTuberが炎上していない日はないんじゃないかというくらい、ネットのどこかで常に炎上が起きています。

 

その問題に僕らがどう向き合えばいいのかといえば、これはもう炎上した動画を追跡しないという以外にないと思うのです。

 

モラルのない動画をアップロードし、それがSNSで広まって再生数が伸び、「炎上」というキーワードでメディアに取り上げられ、それによってさらに再生数が伸びる。

 

残念ながらこのサイクルは一種のビジネスモデルにすらなりつつあり、僕たちが炎上を追って動画を再生すればするほどYouTuberの利益になります。

 

こうしてブログにYouTuberの炎上を扱った記事を紹介することさえ、動画の再生につながれば彼らの利益になってしまうのです。

 

ではメディアが報道しなければいいいのかといえば、そんな簡単な問題でもありません。

 

誰もが自由に発信できるこのSNS時代に大手メディアはもはや炎上の主役にはなりえず、ネットユーザひとりひとりが炎上の担い手になっているからです。

 

YouTuberが自粛期間中に飲み歩こうと、露天風呂にカマキリや寄生虫を入れようと、遠いどこかで起きていることに時間も心も奪われることなく無視を決め込む。

 

決して動画の再生ボタンは押さず、自分は自分、他人は他人というスタンスを貫く。

 

炎上がYouTuberの利益になるサイクルに加担するまいと心掛けるくらいしか、僕たちにできることはないのだと思うこの頃です。